ウーマン

抗がん剤の影響で髪の毛を失ったなら帽子を被れば大丈夫

治療が始まる前に用意

レディ

髪の毛が生えそろうまで

抗がん剤治療をすることが決まると、病院で医療用帽子を用意することを勧められます。医療用帽子とは頭皮にケガをしたり敏感になっている時に、頭皮を保護するためにかぶる帽子のことです。抗がん剤治療中は免疫力がおちて皮膚アレルギーを起こしやすくなっています。また脱毛して頭皮を保護する髪の毛が失われてしまうので、肌に優しい医療用帽子をかぶる必要があります。医療用帽子は頭全体を覆うようなデザインになっているため、かぶっていると他の人に脱毛していることを知られずにすみます。抗がん剤治療中でも体調が良い時には外出を楽しめ、見舞いに来てくれる人にもいつもと変わらない姿を見せることができます。医療用帽子は1000円〜6000円程度で購入でき、中心価格帯は2000円〜3000円です。就寝中に使用するものや室内用、外出用があります。抗がん剤治療中から治療後に髪の毛が生えそろってくるまで毎日使用するものなので、複数用意しておくと良いでしょう。コットンなど簡単に洗濯できる素材の物を購入すると、いつでも清潔な帽子をかぶれます。抗がん剤治療が始まると体調が変化して買い物に行けなくなることが多いので、帽子は治療前に購入しておく必要があります。医療用帽子専門のネットショップを利用すると色々な種類の中から選ぶことができ、わざわざ買い物にでかける手間も省けます。また商品名がわからないように発送してくれるので、他の人に医療用帽子を購入したことを知られずにすみます。

Copyright © 2017 抗がん剤の影響で髪の毛を失ったなら帽子を被れば大丈夫 All Rights Reserved.