ウーマン

抗がん剤の影響で髪の毛を失ったなら帽子を被れば大丈夫

病気でもファッショナブル

ウーマン

身だしなみと考えて

人間、健康が一番ですが、日々の生活習慣や食生活の悪化などで病気になってしまうことがあります。すぐに回復する病気であればよいのですが、ストレスや免疫力の低下などが起こると最悪の場合癌に侵されてしまうこともあります。早期の癌であれば手術や抗がん剤治療・ホルモン療法などで回復し、再発を防ぐことも可能なため、早期発見早期治療が良いとされているのです。癌になった場合、多くの場合抗がん剤を行います。この治療方法で辛いのは副作用です。癌の増殖を防ぐ効果があるのはもちろんですが、どうしても癌そのもの以外にも作用してしまいます。そのため、口内炎やだるさ・嘔吐・脱毛などの副作用が現れます。抗がん剤を使用することで、脱毛する患者が多く現れます。毛髪は細胞分裂や代謝が特に盛んな組織です。全身治療となる抗がん剤を投与することで、細胞分裂が盛んな毛髪にも抗がん剤がいきわたってしまい、毛髪の成長が阻害され脱毛してしまいます。脱毛は毛髪のみならず、体毛・眉毛やまつ毛にもおこります。男性でも女性でも、一番目立つ毛髪が抜けてしまうということはとてもショックです。薬の投与が終了すれば1か月ほどで生えますが、その間に必要になるのが帽子です。帽子をかぶることで他人の目も気にならずに過ごすことが出来ます。帽子には外見のみならず、体を守る点でも有効です。帽子をかぶることで万が一の転倒の際に頭部を守ることができますし、免疫力が低下して風邪をひきやすいため頭部を寒さから守ることができるのです。

Copyright © 2017 抗がん剤の影響で髪の毛を失ったなら帽子を被れば大丈夫 All Rights Reserved.