ウーマン

抗がん剤の影響で髪の毛を失ったなら帽子を被れば大丈夫

敏感になった頭皮をカバー

帽子

カツラよりも安い

癌を発症した場合は様々な治療が行われることとなりますが、抗がん剤による治療を受けている人も少なくありません。抗がん剤は副作用もありますが、特に有名な副作用では頭髪が抜け落ちるというものがあげられます。これは抗がん剤を利用しているときのみの症状ですので、薬をやめると髪はまた生えてきますが、髪が抜けてしまうことは精神的にも大きなダメージがありますし、頭皮も敏感となりますので、脱毛部位をどうやってカバーするか、頭皮をいかに保護するかも考えていく必要があります。抗がん剤を利用している人は医療用カツラを作ることも多いですが、帽子もまた脱毛部分をカバーしたり、頭皮の保護に役立ってくれます。帽子はカツラよりも低価格ですので、気軽に導入することができますし、洗濯などのお手入れも簡単に行えるのがメリットです。種類も豊富ですので、ファッションに合わせて帽子を選ぶこともできますし、お出かけの際だけではなく、就寝中の頭皮の保護にも役立ちます。就寝中にも着けることで、頭皮を衝撃から守ることができ、冷えを防ぐこともできます。さらに脱毛した髪が散らばるのを防ぐことができるのもメリットです。帽子は色々な種類がありますが、抗がん剤治療中の方にはやはり専門の医療用の帽子がおすすめです。医療用の商品は脱毛してデリケートとなった頭皮にも安心して使えるよう、肌に優しい素材で作られていますし、頭皮に負担がないよう縫製にも工夫がされています。デザインも豊富でニット帽タイプもあれば、バンダナタイプ、つば付きのものもあり、好みに合わせて選ぶことができます。

Copyright © 2017 抗がん剤の影響で髪の毛を失ったなら帽子を被れば大丈夫 All Rights Reserved.