女性

抗がん剤の影響で髪の毛を失ったなら帽子を被れば大丈夫

病気でもファッショナブル

ウーマン

抗がん剤治療をするとどうしても頭髪が抜けやすくなります。帽子をかぶることで人目を気にせず、ファッショナブルに日常生活を送ることもできます。抗がん剤治療をやめると1か月ほどで生えてくるので、それまで帽子ファッションを楽しむという気持ちで病気と闘うことが大切です。

敏感になった頭皮をカバー

帽子

抗がん剤は癌治療でよく利用されていますが、副作用もあり、特に脱毛は良く知られています。脱毛すると頭皮もデリケートとなり、外見も変化しますが、そんな場合も医療用帽子があれば脱毛部位をカバーでき、頭皮を保護することができます。

頭皮を守る為に必要

女性

肌に刺激を与えないもの

抗がん剤治療は昔に比べると副作用が少なくなっており、通院で治療できるようになっています。しかし抗がん剤は強い薬なので、脱毛などの症状が現れることもあります。通院や買い物などで外出する時には、帽子をかぶって脱毛していることをわからないようにしたいと思う人も少なくありません。また見た目だけではなく頭を保護するためにも帽子は必要です。冬は冷たい空気から頭を守る為、また夏は強い日差しを直接受けないためにも帽子が必要になります。がん患者は免疫力が落ちているので皮膚トラブルもおこしやすくなっています。通常なら何でもないひっかき傷でも化膿してしまったり、摩擦で皮膚が痒くなることもあります。デリケートになっている頭皮を守るため、帽子は柔らかい素材で作られているものが良いでしょう。ガーゼ素材で綿やシルクなどの天然繊維で作られているものは、肌に優しく吸湿性も良いので抗がん剤使用中にかぶる帽子として最適です。髪の毛がなくなると汗が蒸発しにくくなるので、通常よりも発汗量が多くなったように感じられます。吸湿性や通気性にとんだ帽子を選ぶと快適に過ごせます。頭皮保護の役目がある為、外出する時だけではなく家の中にいる時や寝ている時も帽子をかぶる必要があります。脱毛が始まると急激に髪の毛が抜けていくので、帽子は抗がん剤治療が始まる前に用意しておきます。がんの治療中は体調が悪いことも多いので、買い物に行くのが大変な場合には通販を利用することもできます。専門に取り扱っているネットショップも多いので、好みの帽子を見つけられます。

治療が始まる前に用意

レディ

抗がん剤治療を始める前に用意しておきたいのが医療用帽子です。頭にケガをしたり頭皮が敏感になっている時に頭皮を保護するためにかぶる帽子のことで、1000円〜6000円程度で購入できます。かぶっていると頭皮を保護できるだけではなく他の人に脱毛した姿を見せずにすむので、外出したり見舞客に会う事ができます。

Copyright © 2017 抗がん剤の影響で髪の毛を失ったなら帽子を被れば大丈夫 All Rights Reserved.